東京の通所介護,訪問介護,居宅介護等の介護事業開業、独立・開業サポート(介護保険事業者指定申請、法人設立、助成金申請)

HOME » 通所介護のはじめ方 » 実費の取り扱いについてQ&A

実費の取り扱いについてQ&A

Q 利用者の食費は、介護保険に含まれるのでしょうか?

A 介護保険には含まれていません。

通所介護においては、利用者の食費、日常生活費は原則として全額利用者負担となります。

このような実費部分については、運営規程に定める必要があります。

利用者との契約における契約書・重要事項説明書にも明記します。

Q 利用者のおむつ代は介護保険に含まれるのでしょうか?

A 利用者のおむつ代は実費請求となります

●参考 通所介護等における日常生活に要する費用の取扱いについて

(平成一二年三月三〇日) (老企第五四号)
(各都道府県介護保険主管部(局)長あて厚生省老人保健福祉局企画課長通知)

別紙>留意事項>⑥

介護福祉施設サービス、介護保健施設サービス及び介護療養施設サービスの入所者等並びに短期入所生活介護及び短期入所療養介護の利用者のおむつに係る費用については、保険給付の対象とされていることから、おむつ代を始め、おむつカバー代及びこれらに係る洗濯代等おむつに係る費用は一切徴収できないことに留意すること。

通所介護については保険給付の対象とされていないため、おむつ代は実費で徴収することになる。

<利用者が生活保護受給者の場合の実費請求は?>

介護保険の被保険者で、生活保護を受給している者の自己負担分(介護費用の1割)は、介護扶助として生活保護法により負担されます。

介護保険の適用外の食費等は全額実費請求となります。

生活保護の方は食費も含まれた生活保護費を受給しています。

その生活保護費の中から通所介護における食事代等を支払うことになります。

公庫で融資を断られた介護事業者でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな介護施設経営者様でも大丈夫!介護報酬債権(売掛金)を売却して資金繰りを改善。

ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の介護報酬債権があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断をご利用ください。

当センターが執筆した書籍のご案内

お年寄りが笑顔になる!地域密着デイサービスのはじめ方
当センターの行政書士・社会保険労務士によるノウハウが凝縮された「お年寄りが笑顔になる!地域密着デイサービスのはじめ方」がナツメ社より絶賛発売中です。
  • 地域密着型デイサービスへの移行に関する法改正情報
  • デイサービス開業のための事業計画の立て方
  • 法人設立
  • 物件探し
  • 人員基準・人材の募集の注意点
  • 介護事業者指定申請
  • 創業融資・資金調達ノウハウ
などのポイントを解説しています。 デイサービス開業に必要なノウハウだけでなく、小規模通所介護通所介護が地域密着型に移行する等の最近の法改正情報も盛り込んでおります。

お問い合わせはこちら

介護事業開業サポートセンター@東京・銀座  運営統括責任者
行政書士齋藤史洋事務所
代表 行政書士 齋藤史洋
〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目15-7マック銀座ビル5F
営業時間 原則土日祝日を除く平日9時~17時半
メールフォームから事前にご予約頂ければ、時間外でも面談可能です。

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab