東京の通所介護,訪問介護,居宅介護等の介護事業開業、独立・開業サポート(介護保険事業者指定申請、法人設立、助成金申請)

HOME » 通所介護のはじめ方 » 通所介護(デイサービス)とは?

通所介護(デイサービス)とは?

通所介護(デイサービス)とは、通所介護事業所(デイサービスセンター)に通ってもらい、入浴・食事の際の支援、レクリエーションや機能訓練その他日常生活の世話を中心に行うサービスです。

このような通所介護において提供する機能訓練は、医師の指示に基づかないものです。

通所介護を利用できるのは、居宅(ここでいう「居宅」には、自宅のほか軽費老人ホームや有料老人ホームなどの居室も含みます)で生活を送る、「要介護」と認定された人です。

通所介護は何のためにあるのか?【基本方針(通所介護の実施目的)】

・要介護状態となった場合においても、その利用者が可能な限りその居宅において、その有する
能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、
・必要な日常生活上の世話及び機能訓練を行うことにより、
・利用者の社会的孤立感の解消及び心身の機能の維持並びに利用者の家族の身体的及び精神的負担の軽減を図るものでなければならない。

通所介護では利用者の社会的孤立感の解消を図ることが目的の一つにある

デイサービスに期待される効果(実施目的)は上記の通りです。

デイサービスは、事業者が訪問するサービスではく、利用者に通所してもらうサービスです。そのため、利用者同士の交流が生まれやすいという特徴があります。

同世代や似たような症状・悩みを抱えた者同士が交流することで、社会的に孤立しがちであった要介護者が集団の中で人間関係を作り、生きがいを見出す場でもあります。


訪問系のサービスには無いデイサービスに大きく期待される効果としては、このように利用者の社会的孤立感を解消すること、社会参加の促進が挙げられます。

あわせて、機能訓練による心身機能の維持や日常のお世話を通じて家族の負担を軽減することも重要になります。

デイサービスはデイケアと何が違う?

通所介護(デイサービス)とよく混同されるものとして、いわゆる「デイケア」と呼ばれるサービスがあります。これは、介護保険法上の「通所リハビリテーション」に該当するものです。

通所リハビリテーションにおいては医師の常勤が必要とされています。そして、提供されるリハビリテーションは、通所介護における機能訓練とは異なり、病院等での医師の指示に基づくサービスという特徴があります。

通所介護においては日常の生活支援が重視されているのに比べて、通所リハビリテーションにおいては医師の指導に基づく医療的なケアが重視されていると言えます。

よくある質問 Q 通所リハ・デイケア(?)を設立したいのですが?

「通所リハ・デイケアを設立したい」とご相談される方(医療機関やお医者様以外の方)は、通所介護(デイサービス)と通所リハビリテーション(デイケア)との違いを理解していないことがほとんどです。

●通所介護=デイサービス=医師の常勤不要
株式会社などが経営する施設

●通所リハビリテーション=デイケア=医師の常勤が必要
⇒病院、診療所などの医療機関が経営する施設

あなたが診療所などを経営しているお医者様でなければ、あなたが開業しようとしているのは通所介護(デイサービス)である可能性が極めて高いです。

参考:通所介護の定義(介護保険法の第8条7項)

この法律において「通所介護」とは、居宅要介護者について、老人福祉法第五条の二第三項 の厚生労働省令で定める施設又は同法第二十条の二の二 に規定する老人デイサービスセンターに通わせ、当該施設において入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話であって厚生労働省令で定めるもの及び機能訓練を行うこと(認知症対応型通所介護に該当するものを除く。)をいう。

老人福祉法(昭和三十八年七月十一日法律第百三十三号) 「第五条の二第三項」

3  この法律において、「老人デイサービス事業」とは、第十条の四第一項第二号の措置に係る者又は介護保険法 の規定による通所介護に係る居宅介護サービス費、認知症対応型通所介護に係る地域密着型介護サービス費、介護予防通所介護に係る介護予防サービス費若しくは介護予防認知症対応型通所介護に係る地域密着型介護予防サービス費の支給に係る者その他の政令で定める者(その者を現に養護する者を含む。)を特別養護老人ホームその他の厚生労働省令で定める施設に通わせ、これらの者につき入浴、排せつ、食事等の介護、機能訓練、介護方法の指導その他の厚生労働省令で定める便宜を供与する事業をいう。

介護予防通所介護とは?

介護予防通所介護とは、介護予防を目的として、一定期間、老人デイサービスセンターなどで提供される、入浴、排泄、食事などの介護、そのほかの日常生活を送るうえで必要となる支援など、及び機能訓練をいいます(ただし、介護予防認知症対応型通所介護に当たるものを除きます)。利用者は、老人デイサービスセンターなどを訪れて、これらのサービスを受けます。

介護予防通所介護を利用できるのは、居宅(ここでいう「居宅」には、自宅のほか軽費老人ホームや有料老人ホームなどの居室も含みます)で生活を送る、「要支援」と認定された人です。

公庫で融資を断られた介護事業者でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな介護施設経営者様でも大丈夫!介護報酬債権(売掛金)を売却して資金繰りを改善。

ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の介護報酬債権があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断をご利用ください。

当センターが執筆した書籍のご案内

お年寄りが笑顔になる!地域密着デイサービスのはじめ方
当センターの行政書士・社会保険労務士によるノウハウが凝縮された「お年寄りが笑顔になる!地域密着デイサービスのはじめ方」がナツメ社より絶賛発売中です。
  • 地域密着型デイサービスへの移行に関する法改正情報
  • デイサービス開業のための事業計画の立て方
  • 法人設立
  • 物件探し
  • 人員基準・人材の募集の注意点
  • 介護事業者指定申請
  • 創業融資・資金調達ノウハウ
などのポイントを解説しています。 デイサービス開業に必要なノウハウだけでなく、小規模通所介護通所介護が地域密着型に移行する等の最近の法改正情報も盛り込んでおります。

お問い合わせはこちら

介護事業開業サポートセンター@東京・銀座  運営統括責任者
行政書士齋藤史洋事務所
代表 行政書士 齋藤史洋
〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目15-7マック銀座ビル5F
営業時間 原則土日祝日を除く平日9時~17時半
メールフォームから事前にご予約頂ければ、時間外でも面談可能です。

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab