東京の通所介護,訪問介護,居宅介護等の介護事業開業、独立・開業サポート(介護保険事業者指定申請、法人設立、助成金申請)

HOME » 通所介護のはじめ方 » 通所介護(デイサービス)開業の創業動機の書き方

通所介護(デイサービス)開業の創業動機の書き方

創業動機は施設のコンセプト・特色につながる

創業動機とは、あなたが通所介護・デイサービスを立ち上げたいと思った理由のことです。
最初は漠然とした気持ちかもしれませんが、創業動機を自分なりに整理して明確に意識することで、作りたい通所介護・デイサービスのイメージも明確になってくるのです。
創業動機は「どのような通所介護・デイサービスを作りたいのか?」というコンセプトにもつながるあなたの想い・理念とも言えます。

なぜ創業動機が重要なのか?

日本政策金融公庫にせよ、制度融資にせよ、融資申請の事業計画書(創業計画書)のフォーマットの最初の部分には、「創業の動機」を記入する項目があります。金融機関は、なぜ創業動機を書かせようとするのでしょうか。

それは、融資申請者が「資金をきちんと返してくれる可能性の高い人」であるかどうかを判断するためです。

金融機関としては融資した資金を確実に返済してもらう必要がありますので、通所介護・デイサービス経営の成功可能性が高い事業者に融資をする必要があります。

実際に通所介護・デイサービスを開業するまでは、その人が通所介護・デイサービス経営に成功するかどうかは分かりませんが、計画的に開業の準備をしてきた人ほど成功の可能性が高いはずだと金融機関は考えます。

また、金融機関は多くの企業を見ていますので、「経営」というものが決して甘いものではないと理解しています。どんなに計画的に開業準備をしてきたとしても、事業者が苦しい状況に陥ることは当然あり得ることも理解しています。

そのため、苦しい状況に陥ったとしても諦めずに通所介護・デイサービスを経営していくだけの熱意があると思われる事業者を選別して融資をする必要があります。

創業動機でアピールすべきポイント

金融機関が融資の可否を決める審査材料として「創業動機」の記入を要求している理由を考えれば、融資申請者が「創業動機」として書くべき内容・アピールするべきポイントは自ずと決まります。

創業動機に書くべき内容は、金融機関側が求める人物像(資金の返済可能性が高そうに見える人)を満たしていることを示す内容です。

別な言い方をすれば、融資の申請者が、単なる思い付きや軽い気持ちでの開業ではなく、介護事業者としての社会的使命感や強い想いがあって計画的に通所介護・デイサービスを開業しようとしているということが金融機関に伝わるように創業動機を書く必要があります。

そのためには、まずは3つのポイントに即して自分の経験等を書きだして整理するのがコツです。

①「きっかけ・背景」

これは、昔を振り返って考えたときに、「あの時、あの出来事がなければ、通所介護・デイサービスを開業したいと思っている今の自分は存在しなかったはずだ」というきっかけ・転機・背景を書きます。

介護業界や通所介護・デイサービスに興味を持ったきっかけを記述する部分と言ってもいいでしょう。人によって様々なきっかけ・背景があるはずですので、そのきっかけを書きます。

②「これまでの経験」

これは、①の「きっかけ・背景」(過去)から現在までどのように過ごしてきたのか、介護業界に興味を持ってから、どのようにあなたが過ごしてきたかです。
この内容は職務経歴や保有資格の有無を記入する項目と重複しますが差し支えありません。 

特に介護・医療関係の職に携わっていた方にとっては積極的なアピールポイントです。例えば、
・看護師として病院に勤務していた
・通所介護・デイサービスの管理者を務めていた
・地域包括支援センターで相談員を務めていた
などの具体的な経験を勤務年数と共に書きだしてください。

③通所介護・デイサービス開業に踏み切った理由

この部分は、どのような通所介護・デイサービスを目指して開業するのか、開業者としての志が含まれる部分です。
通所介護・デイサービスを開業されるみなさんは、これまでの経験の中で既存の通所介護・デイサービスの質・内容に不満を感じることがあったはずです。

「自分なら、もっと利用者に喜ばれる通所介護・デイサービス、利用者が必要としている通所介護・デイサービスを提供できるのに…」という気持ちです。

既存の通所介護・デイサービスでは地域社会の需要を十分に満たすことができないと気がついたからこそ、自分なりの理想の通所介護・デイサービス立ち上げを考え始めたはずです。その気持ちを書けばいいのです。

別な言い方をすれば、「地域で必要とされているにもかかわらず、地域で足りない介護サービスを、自分が通所介護・デイサービスを開業して補う必要があると気が付いた」という趣旨の内容が開業に踏み切った理由になります。

例えば、昨今ではリハビリ(機能訓練)専門通所介護・デイサービスが流行りで、数も増えています。

しかし、利用者の障害(症状)の種類によっては、適切な機能訓練を実施してくれる通所介護・デイサービスが地域に存在せずに困っている方もまだまだ多いです。

自分の経験からそのような社会的ニーズに気がついて、適切な機能訓練を提供できる通所介護・デイサービス立ち上げを決意したのであれば、金融機関にとっても納得しやすい開業理由と言えます。

以上の3つのポイントを意識して創業を動機を書いた実例は以下のようになります。
開業される皆さんの気持ちに即して、もっと詳しく書いて頂いても差し支えありません。

日本政策金融公庫の創業融資の審査に受かった創業動機の実例

①「きっかけ・背景」の部分

人と直接ふれあい充実感を得られる職業に憧れて看護師を目指し、国家試験合格後、看護師として病院に勤務していました。
その後、勤務先の病院系列の通所介護事業所に異動となり、管理者を務めることになったのが自分の中での大きな転機です。

②「これまでの経験」の部分

介護業界でのやりがいと使命感から一生懸命仕事に取り組み、介護事業所の管理者として勤務する傍らで、定期的に自治体と介護事業者間の勉強会を開催するようになりました。
その経験の中で、現在の介護サービスの提供方法等の問題点を強く意識するようになり、自分で介護事業所を立ち上げれば、より利用者のニーズを捉えた介護サービスを提供できるのではないかと考えるようになりました。

③「開業に踏み切った理由」部分

数年前に最愛の両親の最期を看取り、サービス提供者の立場からではなく、「利用者の家族の立場」から高齢者とその家族を支える介護事業所の重要性を改めて痛感しました。同時に、既存の介護事業所のあり方の問題点も明確になり、理想の介護事業所立ち上げへ意思が明確になりました。このたび、一定額の自己資金が貯まったことや、勤務先の上司からの応援もあり職場を円満に退職できたことから、通所介護事業所の開業を決意しました。

公庫で融資を断られた介護事業者でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな介護施設経営者様でも大丈夫!介護報酬債権(売掛金)を売却して資金繰りを改善。

ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の介護報酬債権があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断をご利用ください。

当センターが執筆した書籍のご案内

お年寄りが笑顔になる!地域密着デイサービスのはじめ方
当センターの行政書士・社会保険労務士によるノウハウが凝縮された「お年寄りが笑顔になる!地域密着デイサービスのはじめ方」がナツメ社より絶賛発売中です。
  • 地域密着型デイサービスへの移行に関する法改正情報
  • デイサービス開業のための事業計画の立て方
  • 法人設立
  • 物件探し
  • 人員基準・人材の募集の注意点
  • 介護事業者指定申請
  • 創業融資・資金調達ノウハウ
などのポイントを解説しています。 デイサービス開業に必要なノウハウだけでなく、小規模通所介護通所介護が地域密着型に移行する等の最近の法改正情報も盛り込んでおります。

お問い合わせはこちら

介護事業開業サポートセンター@東京・銀座  運営統括責任者
行政書士齋藤史洋事務所
代表 行政書士 齋藤史洋
〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目15-7マック銀座ビル5F
営業時間 原則土日祝日を除く平日9時~17時半
メールフォームから事前にご予約頂ければ、時間外でも面談可能です。

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab